若山美術館情報 Information

過去の公演会情報

平成24年1月

「現代美術講座のご案内」

 若山美術館では2012年1月から美術史家・美術評論家の小倉正史氏を講師にお迎えした講座。学生の方、アーティストの方、一般の方、皆さん奮ってご参加ください。

題:「今日の現代アートはどのようにもたらされたのか」

内容:モダン、ポストモダンを経過した1980年代末から90年代初頭にかけての変動から、21世紀の今日までのアートの動きをなぞり、第二次大戦前のマルセル・デュシャンとその時代、そして戦後のコンセプチュアル・アートを中心とする時代について、あらためて喚起する予定。理由は、それらの影響が地球的な規模で底流にあったことが、今日のアートを見る上で必要と思われるからです。全体を通しての視点は、アートの作品に寄り添いながら、それらの根底にある状況に対する感受性と考えかたに重点を置き、同時に、アートの作品を見る側の作品とそれが生みだされる背景に対する解釈と理論についての紹介をして行くつもりです。おそらく、最近のアートでは、社会とアートとをどのように折り合いをつけて行くかという問題が重要であったことが浮かび上がるのではないでしょうか。


講座日時:1月20日(金曜日)17:00より

場  所:若山美術館5階企画展示室

     104-0061 東京都中央区銀座2-11-19国光ビル

     03-3542-3279  info@wakayama-museum.com


なおこの講座は、当館の他に都内の下記の2ヵ所でも受講することが出来ます。

講座日時:1月21日(土曜日)19:00より

場  所:HIGURE17-15cas  116-0013 東京都西日暮里3-17-15

     03-3823-6216  ozawaroom@gmail.com


講座日時:1月22日(日曜日)16:00より

場  所:ギャラリー パラグローブ 166-0012 東京都杉並区和田3-54-5

     03-3315-6950  360para@jcom.home.ne.jp


受講料:ぞれぞれ 各回1,500円

講師紹介:小倉正史 1934年生、美術評論家
フランス芸術文化勲章受章、東京にて活動。
日本語著作:現代美術アール・ヌーヴォ―からポストモダンまで(共著)、1989年。
展覧会キュレーター:カトリーヌ・ボーグラン、赤い死のマスク(1994年)、
Sarkis-Zone(1994年)、都市の風景 バンコック(2003年)。
シンポジュウム参加:大阪国立民族学博物館、(2003年)。


平成23年12月

「おはなし美術館」

~語りと装飾と音楽~


2011年12月イベント1
2011年12月イベント2

昼公演 15:00開演(14:30開場)
「アリ・ババと四十人のどろぼう」「雪の夜の話」他

夜公演 19:00開演(18:30開場)
「星の王子さま」

出演:春日玲(語り) 緒方朱梨(装飾と絵) うらら(音楽)
開場:若山美術館5階企画展示室
料金:各回 2000円 通しチケット 3500円
予約連絡先:kirakiracrayon@yahoo.co.jp
Tel&Fax:090-1766-6232



2011年10月開催


「第7回 銀座あおぞらDEアート」

今年も参加いたします!
盛況の後、終了いたしました。ご来場いただきありがとうございました!
また参加された作家の皆様、お疲れ様でした。

あおぞらDEアート

日時:2011年10月30日(日) 11:00~16:00

場所:泰明小学校グラウンド(中央区銀座5丁目1-13)


2010年11月開催


截金師「田中墨外展」

日時:11月3日(日)~23日(土)

大好評のうちに終わりました。ありがとうございました。



第6回 銀座あおぞらDEアート 参加します!

2010年10月31日


毎年恒例 画廊の町銀座で新しい夢をみつけよう!育てよう!

をコンセプトに

若山美術館も初参加します!

場所:泰明小学校グラウンド

時間:11:00~16:00

入場無料ですので気軽にお越しください。



2010年10月13日


徳光加与子 舞踏公演

「わたしの魂の糧」わが師に捧ぐ

場所:テアトルフォンテ

盛況の内に終了いたしました。ありがとうございました。



タマゴ第1回公演
 (主宰:深澤千有紀)

朗読と劇「 瞬き-またたき-」





作・演出
喜安浩平(ナイロン100℃ ブルドッキングヘッドロック)
期  間10月2日(土)15:00/19:00
3日(日) 13:00/16:00/19:00
全5ステージ
会  場
若山美術館 東京都中央区銀座2-11-19國光ビル 5F
盛況の内に終了いたしました。ありがとうございました。

若山美術館便り 2011年

平成23年12月

「金 大偉の3D映像と音楽によるインスタレーション空間展」

~3D映像による色彩美と自然の調和。不思議な幻想世界を初体験!~


2011年12月企画展

12.2(fri)-12.17(sat) 13:00~17:00(金曜日は19:00まで)
日、月曜日休館 入館料500円(小学生以下無料)


期間中開催イベント!

12.10(sat) Open 18:30 Start 19:00
「循環の色彩」
出演:徳光加与子(舞踏)・金 大偉(サランギー・他)


12.17(sat) Open 18:30 Start 19:00
「Illusion World」
出演:金 大偉(Key・バンドネオン)・岩崎裕和[Obaiwa](Key・他)

参加ご希望の方は予約をお願いいたします。
各イベント入場料:2000円(入館料・ドリンク付)
予約連絡先:info@wakayama-museum.com
Tel&Fax:03‐3542‐3279



平成23年10月

「漫画家 小野佐世男展―小野のだんなが帰ってきた!」

 戦前・戦後にかけて、大衆メディアで漫画として活躍し絶頂期の昭和29年2月、突然の死により忘れられた男「小野佐世男」の作品を展示紹介します。
2011年企画展

10.1(sat)-11.26(sat) 13:00~17:00(金曜日は19:00まで)
多くのご来場ありがとうございました。


11.19(sat) 15:00より
終了しました。
トークショー「小野佐世男の時代」開催!

出演:小野耕世(評論家)・村田慶之輔(川崎市岡本太郎美術館館長)



平成23年8月

「第2回夏休み子ども工作教室&作品展」

2011年8月6日(土)
14:00~17:00
講師:谷口陽子


「ふたたびの墨外展」

2011年6月14日(火)~25日(土)
13:00~17:00 月曜休館/金曜19:00迄

墨外展
大震災の哀しみ,嘆き,怒り,苦しみ…被災された方も,そうでない方も
各々が胸に抱く思いやその深さには違いがあるかもしれません。
でも,時が過ぎていっても,被災地から遠く離れていても誰もが同じようにできること。それは,そっと静かな心で祈りをささげること,ではないでしょうか。
亡くなられた方々のために。いま懸命に生きようとしている方々のために。
若山美術館でも、ささやかながらできることはないかと模索した末、昨年多くのご好評をいただいた田中墨外の截金(きりがね)仏画の展示をチャリティーをかねて再開催し、犠牲となられた方々への哀悼とすることにいたしました。
いにしえより私たちの先祖がしてきたように,「祈り」を通じて,皆さんとともに掌を重ね合わせ,心に希望のともしびを照らしたいと切に願っております。


「ふたたびの墨外展」会場には募金箱を設置し、お買い上げの図録・絵ハガキの代金はすべて支援金とさせていただきます。
ご協力をお願い申し上げます。

「ふたたびの墨外展」おかげさまで盛況の内に終了致しました。
今展の主旨である東日本大震災復興支援に際し、ご賛同頂いたお客様、ご参加頂いたアーティストの皆様、また、参加させて頂いたトウキョウミルキーウエイのスタッフの皆様、多大なご支援を頂きました事、感謝申し上げます。
 皆様のご好意、7月7日現在、金259,474円7月14日現在、30,1474円の支援金をお預かりしております。この支援金は、東日本復興、特に文化面の復興の要であり心のよりどころとして、いち早くこの7月15日に復興オープンを迎える「アクアマリン福島」まで、当館館長からアクアマリン福島の館長へ直接手渡しさせて頂く事になりました。皆様のお気持ちが復興の一助になれば幸いです。
今後も、当館では、ささやかながら支援の継続をさせて頂きます。

若山美術館館長 武田 文
動画を見るにはFlushプラグインが必要です。
支援金を「アクアマリンふくしま」まで届けました。
こちらを保存してご覧ください。


「ふたたびの墨外展」関連イベント情報


「珠の音会―津軽三味線」公演

澤田流津軽三味線名取として国内外でご活躍の澤田成珠さんと澤田成音さんによる演奏会を開催。津軽三味線が奏でる鎮魂の調べをお聴きいただけます。

2011年6月18日(土)
14:00 開始予定
定員になり次第、締切とさせていただきます。
大好評の後、終了いたしました。


徳光加与子さん舞踏公演

1995年より大野一雄舞踏研究所にて学び、2008年から及川廣信氏に師事した舞踏家・徳光加与子さん。被災された方々に思いを馳せて、祈りの舞踏が行われます。

2011年6月19日(日)
14:00 開始予定
定員になり次第、締切とさせていただきます。
大好評の後、終了いたしました。


オカリナアンサンブル キャンドルナイト

被災地の福島より「宙の奏の会」の皆さんをお招きし、「オカリナアンサンブル キャンドルナイト・東日本大震災追悼の夕べ」を営みます。

2011年6月25日(土)
19:00~21:00
参加自由です。
大好評の後、終了いたしました。
「トウキョウミルキーウェイ」公式ホームページ
http://tokyomilkyway.org/

同日開催
「会津若松から愛すべき産土(うぶすな)!」~福島の今をお伝えします~
現地の映像を見ながら、実際にそこで生活し、ボランティアに取り組んでいる
鶴ヶ城ボランティアガイドの藤崎一弥さんからお話を伺います。

会場:協働ステーション中央 会議室(中央区日本橋小伝馬町5-1)
日時:平成23年6月25日(土)13:00~17:00(入退場自由です。)



和ろうそくを灯して截金仏画鑑賞

土曜・日曜には、被災地となった福島県の名産「会津絵ろうそく」に炎を灯しての仏画鑑賞タイムを設けます。截金仏画だからこその荘厳な輝きの中で、仏の息づかいを感じてみてください。

2011年6月18日(土)・19日(日)・25日(土)
開催時間未定です。
詳しくは若山美術館までお問い合わせください。

平成23年3月


日本とロシアの子どもの作品展
「春のはじまり」

日本とロシアの子どもたち展

                              「子どもたちの作品」

日 本:谷口アトリエの子どもたち
ロシア:エレナアトリエの子どもたち
場所:若山美術館 5階企画展示室
2011年3月6日(日)~3月12日(土) 13:00~17:00

作品展期間中の休館日:月曜日(美術館のみ)


同時開催 プロコペンコ・エレナ「きせつ」展
3月企画展同時開催

Prokopenko Elena(ロシア コムソモリクス・ナ・アムーレ在住 画家)
場所:PLATFORM STUDIO
住所:東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル515

2011年3月6日(日)~3月12日(土) 13:00~18:30

  武井 武雄、 初山 滋
「ふたりの子どもと子どもたち展」

2月企画展

好評のため展示延長!2011年3月31日まで


平成23年2月


ART&LOVE TOKYO 2011 参加企画
ミュージアムショップ企画 第2弾

「小澤清人(おざわ きよんど)展」開催

小澤清人展

2011年2月12日(土)~19日(土) 13:00~17:00

大変好評のうちに終了いたしました。ありがとうございました。


平成23年1月


あけましておめでとうございます
今年も当館は様々な企画にて皆様のご来館をお待ちしております。

若山美術館便り 2010年

2010年12月開催


塙 賢三の世界

日時:12月7日(火)~25日(土)

5階企画展示室にて開催


盛況の内に終了いたしました。

なお、ミュージアムショップ企画展は順次開催致します。

お楽しみに!


特別企画展第2弾


7月31日(土)
「夏休みワークショップ」
―ダンボールハウスからみんなの街へ―
開催

制作1日と展示2週間 参加費 1,000円

特別企画展

ただいま募集中です。お電話またはFAXでもお申し込みいただけます。

制作は7月31日に作品展は8月14日までに
大変盛況のうちに終了しました。

ご参加いただきありがとうございました。


6月19日(土)~7月1日(木)まで
「TOKYO MILKY WAY」
ギャラリーツープラスで「ノスタルジアアンティークマーケット」開催

終了いたしました。

特別企画展第1弾


7月7日(水)
「徳光加与子舞踏公演」
―わたしの魂の糧―
19時より開演

入場料 2,000円

おかげさまで盛況のうち終了いたしました。
ご来館いただいた皆様、ありがとうございました。


平成22年2月2日(火)より


  武井 武雄、 初山 滋
「ふたりの子どもと子どもたち展」開催

2月企画展


平成22年1月1日(金)

あけましておめでとうございます
プレオープンから半年、ご来館いただいた皆様には感謝申し上げます。
年始は1月12日から開館いたします。
なお、新年の常設展は新しい展示を予定しております。
おたのしみに!

若山美術館便り 2009年

年内は「ビアズリーに影響を受けた夢二と日本の装丁挿絵画家たち」展


 夢二のコマ絵を「平民新聞」に載せていた頃の夢二は、作品に個性がないことを悩み西洋絵画技法、特に後期印象派などを貪欲に吸収し、一段とオリジナリティへの追求心を強めます。
 そんな折、武者小路実篤・志賀直哉等が刊行した「白樺(ビアズリー特集/明治43年2月)」により、遠い異国(イギリス)で異彩を放し続けるオーブリー・ビアズリーの存在を知ります。 夢二は肌身離さず持っていたスクラップブック「白い馬」に「サロメ」の挿絵「ヨハネとサロメ」を貼り、常日頃から眺め表面的技法だけでなく、内面的にも模倣し努力を重ねる事を惜しまなかったようです。 その様なビアズリーからの影響が、夢二のオリジナリティへの局地的な要素を占め「夢二らしさ」の表現が到達に行き着いたといえるでしょう。 これは今まで夢二が影響を受けてきた後期印象派のどんな画家よりも、ビアズリー絵画の世界が夢二自身の内面的世界までに入り込み、魅了されていた証拠だといえます。 前述のような状況下より「夢二らしさ」を定着させた夢二は、力強く個性を表現し続け(今回展示されている春夏秋冬「夢二画集」の頃には)一般世評では絶大な人気を博してゆきます。 しかし一方で、当時の美術界からは「純粋絵画」の分野より確実に無視されていくのです。この状況と類似する社会環境の反応は、ビアズリーにあっても類似性がありました。 夢二の場合から検知すると、一部の専門家のみにより意識的に絵画性における繊細な感情性の露呈が侮辱されていましたが、ビアズリーの絵画性にあっては意識的な大衆訴及に加えて、伝統のモラル破壊と妖気性が非難の焦点になっていました。 このように一見類似しているように見える彼らでも、取り巻く社会状況の違いに同調するように絵画性のありように少し相違が見られます。 夢二の場合「感傷性への非難」は一部の専門家、言い換えれば美術家のみの中傷であったといえます。 ビアズリーの場合は美術界のみならず、一般社会からの非難と攻撃の的にされてしまったようです。 状況の深刻さから言えば、ビアズリーの芸術の方が絶望的非難であったように思えます。 これは美術史の流れの中でも非常に特異な現象と言えるでしょう。 夢二自身、画壇から黙殺、それ以上に無視され続けていた状況から察するに、自分と同様異常な状況にあったビアズリー(作品全体の持つ内的世界)を鍾愛し、師を持たなかった画家が自身を愛弟子として、あえて目の修行すべく集めたスクラップ・ブックの画帳に張り込むまでの特別な対象になっていたことは自然の事だったのでしょう。 その画法を吸収し続けていた事実について、研究者の関川木夫氏は「急速に発展する戦後の芸術(作画)の秘密を紐解く両画家」と「ビアズリーの芸術と系譜」で述べています。
 夢二は師としてビアズリーの画法を吸収しながら、それ以上に外界とのバランスを自身の「内的世界の干渉性の確立」という形で表現し続けたのではないでしょうか。 努力してビアズリーらしさを学んだというよりも、そのような行動に出ずに入られなかったというほうがより自然なのかもしれません。

今展にちなみビアズリーより影響をうけた夢二の仲間達(装丁挿絵画家)も重ねて紹介いたします。
「展示作家: 恩地幸四郎・岩田専太郎・橋口五葉・初山滋・武井武雄・谷中安規・岡本歸一 等」


 小さな美術館の小さな展示ですが、珍しい作品に出会えます。

       
 「サロメ」1984年代末頃        「凝視」1971年
 

若山美術館より

「ビアズリーに影響を受けた夢二と日本の装丁挿絵画家たち」展
 2009年7月~12月

 ご好評により年内いっぱい開催いたします。


若山美術館コレクション展
 2009年5月~6月

 今月から2ヶ月毎に「若山美術館コレクション」展を開催致します。
 第一弾は『ビアズリーと夢二』です。

 オーブリー・ビアズリーは、1984年オスカーワイルド原作「サロメ」の挿絵を描き、 19世紀末のイギリスで活躍した画家です。本展では有名な論争を巻き起こした「サロメ」目次部分のオリジナルを展示し、 それに多大な影響を受けた装丁・挿絵画家としての竹久夢二の書籍などを紹介致します。
 小さな美術館の小さな展示ですが、珍しい作品の風に実際触れてみて下さい。


logo_image